一安心

父の退院が決まりました。
今回は、一時退院ではなく、通院治療に変わります。
完治する病気ではないので、通院しながらでも、
自宅で暮らせるようにというのを目指していました。
かれこれ5か月に及び入院生活にひとまず区切りです。
最初の頃は、終末期だといわれ、
危篤に陥ったときに延命治療をどうするか?まで、
病院側から、選択を迫られていたことを思うと奇跡的です。
2月の終わりには、もう、今までの抗がん剤は打てませんと、
カンファレンスに呼ばれ、薬を変えますが、
一種の賭けみたいなもので、1クール何セット打つことになるかわかりせんし、
副作用との戦いになるかもしれないといつも、
テンション下がってしまう説明を受けていたんです。
それが、変えた薬が父には効果を表してくれました。
これからも病気との戦いは続くし、
また、悪化して再入院になることもあるのですが、
とりあえず、自宅に帰れるのはうれしい限りだと思います。
相変わらず、私のいつ何が起こるかわからないという生活も、
延々と続いていきますが、
それでも父が自宅にいてくれるというだけで、少しほっとできます。
普通に暮らせることが、どれだけ幸せなことか?というのを実感した日々でした。
本当に退院できるまで、その退院の日を迎えるまでは、
気を抜けませんけどね。
今回のことで、父の病名をいうとドン引きされたお友達もして、
少し交友関係も狭くなってしまったけど、
どんなことがあっても、励ましてくださり、
今まで通りに接してくれたお友達にとても助けていただきました。
そういうおともだちに感謝しながら、これからも大切にして行きたいと思います。
スポンサーサイト

comment

No title

お父様、退院が決まってよかったですね。
通院が続いてもやはりご自宅が一番です。

きっちゃん♪さん

ありがとうございます。
家に帰れないのでは?って思っていたので、
退院できてホントに良かったです。
Secret

いま何時?

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

welcome

カテゴリ

検索フォーム

カレンダー

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR