スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
不覚にも泣いてしまった
2016 / 10 / 31 ( Mon )
こないだも記事に書きましたが、
41年前のドラマ「赤い疑惑」の再放送、
平日は毎日見ています。
今日の放送で、百恵ちゃん演ずる幸子に、
白血病の症状が出たこと、
そして、余命が幾ばくも無いこと、
来年の夏は迎えられないのに、
おじいさん(松村達雄さん)が、水着やら、
半そでの洋服やら、おまけにヨットを買ってやるといった場面で、
私は涙してしまいました。
もう、子供の頃、リアルで見て、
再放送も昔、何度も見て、ストーリーはわかりきっているのにです。
同じ白血病でも、父とは違う病名なんですけどね。
でも、ドラマを見ているうちに、
父と重ね合わせてしまったのでした。
子供の頃、この赤い疑惑を見て、
白血病は怖い病気なんだと知りました。
でも、自分とは違う世界の話だってずっと思ってたのです。
父は特に余命宣告はされていませんが、
昨年末、白血病だと診断が下った際、
私は大阪に帰ってはいけないとも言われたし、
完治はないとまで言われたので、
長くはないんだって覚悟したんです。
もしかしたら、来年はないかもしれないとも思っていました。
でも、幸い、今は通院治療をしています。
まぁ冬になれば抗がん剤治療の時だけ入院かも?ってブログにも書きましたが、
それでも、今のところは病気と向き合いながら、家で暮らしてます。
ドラマの中のお父さん役の宇津井健さんは、
父の若い頃に似ていることもあって、
それで余計に涙を誘ったこともあるんだけどね。
涙するなら見なければいいっていう声も聞こえてきそうですが、
家族に深刻な病気の人間がいると、
案外、実際には泣けないもんなんです。
思い切り泣いて、スッキリしたいと思っても、
病気の本人を前にすると、泣けないんですよ。
だから、ドラマを見て、時々、思い切り泣くのも
帰って私にはよいかもしれないって思ってます。
thMUVTYRT5.jpg
スポンサーサイト
21 : 38 : 10 | テレビ | コメント(0) | page top↑
<<季節は進んだ | ホーム | やっと間に合った?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。