めいく・みー・はっぴー★ 迫真の演技

めいく・みー・はっぴー★

気ままなつぶやき
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

迫真の演技

そ
「そして誰もいなくなった」第2夜、見終えました。
先ほど、「リーダーズ」の話を書きましたが、
私的には、「リーダーズ」のような歴史も絡んで、
夢を追う話のほうが好きなんですけど、
でも、この「そして誰もいなくなった」もラストが感動しました。
渡瀬恒彦さんの遺作となったドラマですが、
ドラマの中の役でも、末期の肺がんで、
犯人だったのですが、そして自分で最後の幕引きをし、
罪を告白するところは泣けます。
もう、現実でも最後の力を振り絞って、迫真の演技をしてるのがまるわかりです。
昔、「白い巨塔」でも、田宮二郎さんがご自身がなくなられてから、
ドラマの最終回でしかも亡くなってしまう役だったのだけど、
それと亡くなる経緯とは違うにしても、
遺作でも、現実でも自分の幕引きを演じるというのは、
う~ん、視聴者としては胸を打たれるところがあります。
渡瀬恒彦さんは、朝ドラ「ちりとてちん」の草若師匠の役が
私は大好きで、お兄さんの渡哲也さんより、渡瀬さんのほうが好きでした。
今回、「そして誰もいなくなった」は視聴率もわりとよかったので、
渡瀬さんのいい供養になると思っています。
それにしても、怖かったな。。。
沢村一樹さん演じる敏腕刑事が少し笑えるところがあって、
そこは救いでした。
スポンサーサイト
【 2017/03/27 】 テレビ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する