スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
科学と学習
2015 / 03 / 19 ( Thu )
昨日のBSジャパンの「昭和は輝いていた」で、
特集していた「ふろく・おまけ」の話。
番組の中で、学研の「科学と学習」の話題が出て、
「科学」についていたおまけが豪華だったねっていう話になっていた。
それまで、雑誌の付録などは、紙で作るものが多かったのに、
この「科学」では、紙だけでなく、
金属やブラスチックが部品となったおまけがついていたことで、
当時としては画期的だったと。
それで、思い出した「科学と学習」という雑誌。
今では休刊になってしまってるけど、
昭和40年代に小学生だった世代は、
学校でこの雑誌を買ったと思います。
当時は、学研の販売員さんが学校に来て、
売っていましたよね。
子供の頃、この「科学と学習」の販売日は、
とても楽しみだった。
今では考えられないけど、
雑誌のお金を袋に入れて、学校に持って行って、
本を買うと、販売員さんが袋に受領印を押してくれたなぁって。
今は、盗難とか諸々と問題が出てきちゃうだろうから、
学校にお金を持っていくのは、御法度なのかもしれませんね。
私が通ってた小学校では、体育館に販売員さんが来て、
給食が終わった昼休みだったかな?
その時間に買いに行きました。
体育館までの渡り廊下を歩いていくのが、
すごくわくわくしたことを覚えています。
「科学」「学習」っていう2冊の雑誌だけど、
もちろんどちらか1冊だけでもOKでした。
私は両方買っていましたが、
どちらかというと「学習」の読み物が大好きでした。
そうそう、付録が必ずあって、大きい時もあるから、
販売の日は、大きな手提げバックを持って学校に行きました。
そして、家に帰ると、
即、雑誌を読み、付録を組み立てるのが楽しみでした。
そうそう、科学の中でだったと思うけど、
いずれ未来に、リニアモーターカーが走るという記事を読んで、
わくわくしたものだけど、
それが、もうリニアモーターカーの試運転みたいなのも始まって、
近い将来現実になりそうだもんね。
今では、パソコン、携帯が子供にも普及しているから、
そういった電子機器で遊ぶ子供が多いと思うけど、
私たちの時代は、そういった雑誌の付録を組み立てたり、
読んだりするのが楽しみな時代に育ちました。
でも、そういった時代に育ったことで、
創意工夫という考えも浮かんでいき、
いい時代だったと思います。
それにしても、なつかしいなぁ~
私はスマホじゃないけど、
学研の昔の「科学と学習」のおまけが見れるアプリもあるんだってね。

スポンサーサイト
19 : 41 : 05 | 回顧録 | コメント(2) | page top↑
<<あおい君と佐藤クン | ホーム | ドキドキ>>
コメント
--No title--

ふむふむ…と読みました!

わたし「学習」読んでました。懐かしすぎ!

むかいのおうちのおばちゃん
(小学校の先生を退職されたと聞いてたから当時60代?)
が販売員してはったのか持ってきてくれはったっけ。
読むの好きだったし、
作るの好きだったから、妹の「科学」を手伝ってたこと、
今思い出しました。
昔のこと思い出すもんですね(笑)
by: がくあじさい * 2015/04/04 09:34 * URL [ 編集] | page top↑
--がくあじさいさん--

「学習」の読み物、面白かったですよね。
学校販売から、そのうち、販売員さんが各家庭に持っていくスタイル(いわゆる、学研のおばちゃん)になっていったようです。
私より、お若いようなので、販売員さんだったんですね(笑)
同じような思い出を共有できるのは、うれしいです。ありがとう。
by: レモンバーム * 2015/04/04 14:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。